■プロフィール

湯涌案山子

Author:湯涌案山子
石川県金沢市の奥座敷、湯涌温泉にいたる県道10号線、通称「ゆず街道」沿いの田園風景の中に、沢山のかかしのあるユニークな風景を作りたい。
そんな思いを持つ者が集い、"かかしを楽しむ"ファンクラブを立ち上げました。
ここでは、その活動の報告などをしています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
氷室開きだ! 
6月30日、冬の間に氷室に納めた雪を御開帳・神社に奉納するお祭り:
「氷室開き」が湯涌温泉街にてとり行われるのですが、
この日に湯涌方面を訪れる方々のためにかかしさん達にいて欲しいなぁ・・・
との要望の声が聞こえてきておりました。



私に・・・



ま・か・せ・な・さ・い。



ファームバンザ~イ

\(^O^)/

さすが王様〜!
頼もしいかぎりです。

そして「山ガール」さんも
ちょっと休憩ね
去年いた場所から1.5kmほど移動しています。
で、休憩中・・・まあ、
ゆっくりとではありますが、山へ向けて着実に前進しているようです。


さらに湯涌方面へ向かうと
おまつりちゃんが立ってます。
一人では心細いので黄色い服に着替えた夏っちゃんといっしょ。
ハイ、ポーズ!
早速記念撮影をされている方も・・・。

湯涌公民館前にも 新登場!しています。
(↑7/1追記しました。当初、記事アップ時に気づかずにいたのですが
  某氏が写真撮って連絡くれました。)
指揮者と少女
「シンフォニーさん」(左:6月29日登場)と
「ほへとちゃん」(右:6月28日登場)

というわけで、
今年もweb版かかしマップ作っていますのでよろしく!
6月30日時点で13カ所、17体 14カ所、19体のかかしが並びました。
かかしマップWeb版サンプル
(↑クリックで「かかしマップ2013」へ)


追記ついでに、新聞記事(読者投稿欄)も掲載しますね。
北國新聞(地鳴り)


氷室開きの案内はこちらです。
↓↓↓

続きを読む >>
スポンサーサイト
未分類 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
続々決定かかし教室日程
平成25年6月19日 第3回定例会議
TVカメラ収録中
TVカメラとか入って緊張感高まる会議になりました。
何せ台本とかないので ぶっつけ本番です(笑)
(番組内容とか放送日等は未定です。)

さて、この日のメインの題目は「かかし教室の今後の展開」
と、「案山子新聞第2号」の検討です。

まずは、教室の展開ですが、
既に予定されていた7月の湯涌江戸村での開催に加えて、
8月には湯涌小学校でのサマースクール(学校の夏休みの授業活動)と、
金沢くらしの博物館での特別講座、そして
最後、9月にもう一度地域へ向けた教室として湯涌公民館での開催が決定しました。
789教室カレンダー
上のカレンダーにはありませんが、
11月2日(土)〜10日(日)の会期で、
金沢湯涌江戸村にかかしを集結させる「江戸村かかし祭り(仮称)」も
開催ほぼ決まりです。
これは「花咲く湯涌みどりの里そば祭り(これも仮称)と連動しての開催予定。
(「花咲く〜」については、追記に記事を載せましたのでご覧ください。)

ところで、我がファンクラブ流のかかし教室では
材料にペットボトルを使うことがよくあるのですが、
前回までの教室でほとんど ストックを使い切ってしまいました(汗)
次回までにまた収集たいと思います。
ボトル説明
皆さん、余力があれば事前に事務局(金沢湯涌創作の森)か、もしくは
当日会場までお持ちください。
けっこう、1L(お醤油)サイズが重宝します=不足がちです。

さて、新聞第2号ですが、
メインの記事を「かかし作りに関すること」とすることになりました。
時期的にかかしの制作シーズンですしね。
教室開幕の件や参加者の声などを掲載、
そうそう設置場所の募集広告とか、かかしと同時に置く幟旗(のぼり)の標語
「ゆっくり走ろうゆずの道」のような・・・も募集予定です。
意見としてはもっと子供たちにも読みやすく、というものかあり、
2号ではフォント等、工夫してみることになりました。
題字やマンガなど、子供たちが参加できそうなものがあるかどうかも検討です。

あ、そうそう、創刊号のクイズ、
今のところ応募はあるのですが 正解者がいない(汗)のです。
案山子クイズ1
プレゼントである ”かかしの骨組み”の運命やいかに!
皆さんまだ間に合います、是非応募してね!

尚、新聞第2号の原稿〆切は6月30日、投稿大歓迎です。
原稿(100〜300字)と写真を事務局までお持ちいただくか、
下記あて、送って下さい。
yuwakukakashi★gmail.com(★を@に換えて送って下さいね)

集合写真480
次回定例会は7月17日(水)19:30~@湯涌公民館です。


ここからは・・・
「花咲く湯涌みどりの里そばまつり(仮称)」ってな〜に?
 ↓↓↓

続きを読む >>
未分類 | 23:39:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
かかし教室開幕!!
教室風景
平成25年6月15&16日、今年度第1回目のかかし教室を開催しました。
会場は金沢湯涌創作の森、交流研修棟です。
まず、
初日15日の様子から・・・
若者たち
若者達が大勢!
金沢星稜大学・金沢学院大学・金沢美術工芸大学などから続々と参加。

ここのところずっと晴天続きでしたが当日に限って雨模様。
(ちょうどこの日から梅雨入りした模様です。)
ですので、青空教室の予定でしたが建物の軒下で作業しています。
とは言え、猛暑よりは作業はしやすかったですね。
旗と骨組み

たかが骨組みですが、細かいところで随分と改良が進んでいるんですよ。
地道な改良

秘密の作業・・・というわけではありませんが、
ワッペン貼り
ワッペンをこしらえて服に沢山貼って大喜びの子供たち。

そしてディテールへ・・・
ディテールへ
むむっ、怒りの表現か!

初日は石川県警少年サポートセンターとの共催で行った特別教室でもあり、
総勢では30名を超える参加で賑やかな教室となりました。
サポートセンター上杉さん
「お疲れでしょう」と肩を揉む(?)サポートセンター長の上杉さん。

TVカメラ入ってます
TVカメラ(HAB北陸朝日放送さん)も入っていましたね。

夕方には海に近い無量寺の"あすなろ農園"へ
無量寺集合
(スカートにワッペンがいっぱい!)

この日の様子は新聞でも取り上げられていました。
新聞記事は、ブログ最後の追記(↓)に再掲載しました。
-----

さて、ここからは2日目、
16日の様子です。
ラ王?
この大きなかかし・・・
「ラオウ(※)」を作るのだとか、しかも実物大(って?)ですよ、実物大!
到底1日で出来上がる代物ではありません。
んー、まあ、秋までには完成させましょう!
(※:漫画『北斗の拳』に登場するとても大きな人です。)

・・・後ろでバンザイしているのは・・・・

かかしファンクラブ最年少会員:
まつもとみつき君(内灘町・9才)の挑戦する「ぽくは王様」です。
ママがドローイング(下絵)を元に顔を描いています。
王様の顔

「くらげちゃん」をモデルに「くらげちゃん2」製作中
くらけちゃん2?

こ、これは・・・
かなり怪しい・・・・
怪しい者を・・・
(たくおさん!いったい何作ってるんですか!)

こちらは着物を着る女性になる予定。
着物準備
帯部分のベースとなるよう、
胸部にしっかりとしたボリュームをペットボトルで構築中。

お祭りちゃん(仮称)・・・手と足(靴)がまだ未完成。
お祭りちゃん

この日は、上記のように未完成で終わったかかしが多かったのですが、
「ぼくは王様」は、ほぼ・出来上がりました!
僕は王様


結局きちんと完成したのは・・・

なんと、歌う案山子です!


誕生!! 「森のボーカリスト」
 ↓↓↓
森のボーカリスト
(本当に歌っているんです・・・クリックで接近)

・・・
が、諸般の事情により、
メジャーな場所への設置は難しそうです。
ということで、森の奥深くをさまようことになりました。


「早く人里へ戻りた〜い!」

早く人里へ戻りた〜い



めっ!戻しませ〜ん!


(しびる=SIVILは、彼のバンド名です。)
ん? 見てみたいですか?

「森のボーカリスト」
放浪場所はこちら
http://goo.gl/maps/yZ3kQ
(かかし探しは自己責任で)


教室初日(6月15日)の取材記事はこちらです。
↓↓↓

続きを読む >>
未分類 | 20:23:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
リベンジ物語 
平成25年6月13日
NHK「かがのとイブニング」でファンクラブの活動が放送されました。
タイトルは「湯涌に出現 かかしリターンズ」です。
タイトル

番組では、前回のブログ記事にあるような最近登場したかかしや
「湯涌案山子新聞」創刊のことなども紹介されていたのですが、
何と言っても面白かったのは 洗濯おばちゃんの「リベンジ物語」でした。
というか、内容としてはほぼこの物語の特集でしたね。

主人公はこちら。
主人公

で、何がリベンジなのかというと、これです。
おばちゃん!
嫌だった
(昨年のファンクラブ公式マップに記載されたかかしのネーミングに不満が・・・)

そして
ことしはお姉ちゃん
そう、リベンジです!

面白いのは、「おばちゃん」になった理由を作者が分析&検証しているところです。
理由分析

さて原因はわかった・・・いよいよ作業開始。
作業開始
助っ人はあのイチローの作者、田中光男さん

バスト
バストはおもちゃの水鉄砲のタンクなんですって!

そしてこだわりの着物。
ことしの衣装

着せてみる・・・
愛着わきます

いよいよ設置です。
いよいよ設置

そしてついに・・・・

おねえちゃん誕生!
おねえちゃん誕生
テロップにしっかり「洗濯お姉ちゃん」と出ています\(^O^)/

早速写真を撮る人の姿も。
写真撮影



以上、"かんばん娘" 誕生秘話でした〜!

(今回は、作品にキャプションがついているので誰も間違えません—笑)


とても感動的なリベンジでしたね。


最後にはかかし教室の開催もお知らせしていただけました。
教室紹介



未分類 | 02:31:45 | トラックバック(0) | コメント(2)
新作3点+&(背中物語)
で・でた〜〜!

通り過ぎる!

って昼間っから!何ごとですか。
いや〜あやうく通り過ぎるところでした。

で、もどってカシャ!っと記念撮影。
ながめるまん
ほ〜っほっほぅ。って言ってますよね。(感じとして)
お顔は仮面ライダー?
(写真クリックでフェイスアップします。)

後ろへ回り込むと・・・
ながめるまん背中
背中が語りますね。

とても賢い方に見えてきました。


さらに道を進むと・・・・同じ人が(ではないですね。)
草刈リーマン
草刈りをなさっています。

背後に回ると・・・
背中~
あ〜これはもう、仕事人の背中そのもの。
黙々と作業されているので、声をかけるも憚(はばか)られます。

さらにさらに山に向かうと・・・
そこには・・・森の精が・・・

遠くから見守っています。
小ト○ロ/中ト○ロ

「小ト◯ロ/中と◯ロ」と呼んであげて下さい。
  (ことろとちゅうとろ、です。)

緑の中、2人のさえずりが聞こえてきます(か?)ね。
ちなみにそれぞれ、実物大(!?)なんですよ。(・・・らしいです。)

回り込んでみると・・・
お見送り~
やはり、背中には語るものがありますね



「いってらっしゃ〜い。」

とかなんとか・・・


さて、それぞれ場所はこちらです:
見張リーマンさん:http://goo.gl/maps/Cw8Pf
草刈リーマンさん:http://goo.gl/maps/nTxf1
小ト◯ロ/中ト◯ロ:http://goo.gl/maps/7y2du



ところで、「背中」といえば、

こちらをご覧ください↓

空中背中

おお〜、この背中は空中飛んでますよ!

そう、こちら見覚えありますね。
前回のブログ「怪しい情報」で、門前太郎べぇ氏(※)より情報提供のあった
空弓(エアゆみ)持ったあのかかしさんです。
(※正式には「門前・太郎兵衛」さんでした)


というわけで、


今、明かされる「怪しい情報」の秘密!



↓↓↓

続きを読む >>
未分類 | 17:00:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
怪しい情報 
平成25年6月1・2日
百万石まつり

の翌日、かかし工作員No,2203番の門前太郎べぇ氏(※)より、
ファンクラブ事務局に、写真付きで以下のとおり情報提供と調査依頼がありました。

書状


それにしても・・・


「田子島半助」?

「湯涌分団員を見張りに」?

「手と足と瞳のでかい女(夢二風)」?

「看板娘」?

「たまき」?

「おまつ」?

う〜む、全然良くわからない のですが、
なんだか面白いので、密告ではありますが、そのまま掲載しました。

で、

↓こちらが一緒に届けられた画像です・・・
弓を持つ見張り?
エア弓弾いてますね・・・あやしい・・・

ともあれ、
ファンクラブへ届いたこれは調査依頼ですので、早速調査開始です。
報告はまた後日・・・

(※)門前さんは元警察官、実在の工作員さんです。

未分類 | 09:29:39 | トラックバック(0) | コメント(5)
公開プレゼンテーション
6月2日、於)金沢市民芸術村ドラマ工房
平成25年度金沢市恊働のまちづくりチャレンジ事業の公開プレゼンテーション。
かかしファンクラブは、「新しい公共部門」に「新聞の発行」で挑戦していました。
案山子新聞大作戦
タイトル(事業名)は「人が見える・地域が見える—案山子新聞大作戦」。
会場でも「湯涌案山子新聞創刊号」が配られ・・・

プレゼンテーターは新聞を読むいっぷくさんと愛嬌で勝負のくらげちゃん、
事務局からは黒沢氏が参加。
ニシコリー
プレゼン時間は8分!
大まかに:
「本日は新聞作りを提案します→まず最初に、私たちはこのあたりでこんな活動をしているこんなクラブです→そもそもの始まりはかくかくしかじかで、活動の様子はこんな感じ→それらはこれまでブログ等で報告・発信してきました→しかし、地域の人々が活動について知ったのはあらまあなんと「新聞によって」でした→ならば新聞を作ろうと考え、隔月刊3000部印刷して地域全戸配布などします→編集方針は、読みやすく、楽しく、参加性高く→地域情報を織り交ぜ、地域資源の顕在化をはかります→スケジュール/経費はこんな感じ、です。」
・・・と、ここまでで8分、の合図が「カン!」、と鳴って時間ピッタリに終了。

審査員の皆さん
審査員の方々からは、「もう先に作っちゃってるじゃないの!」とか「広告費はもらってないの?」など、しごく当然、かつ明快なツッコミが・・・。

さて発表を終了し、他のプレゼンを聞きながら待つこと2時間半・・・

いよいよ結果発表!

発表!
緊張の瞬間です・・・
神妙な面持ち(顔は見えていませんが)で発表を聞く(って新聞読んでますが・・・)いっぷくさん(手前左)とくらげちゃん(手前右




んで、どうなった!?




はい?




結果は新聞で↓

北國新聞(チャレンジ採択小)
平成25年6月3日北國新聞記事



おかげさまで無事採択されました・・・
何せ大問題抱えたままのフライングスタートでしたので、これで一安心です。


あ、そうそう、
プレゼンの様子は後日主催者によりYouTubeなどへUPされると思いますので、
UPされましたらまた追記にて報告しますね。




未分類 | 21:28:03 | トラックバック(1) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。