FC2ブログ
 
■プロフィール

湯涌案山子

Author:湯涌案山子
石川県金沢市の奥座敷、湯涌温泉にいたる県道10号線、通称「ゆず街道」沿いの田園風景の中に、沢山のかかしのあるユニークな風景を作りたい。
そんな思いを持つ者が集い、"かかしを楽しむ"ファンクラブを立ち上げました。
ここでは、その活動の報告などをしています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
市民と行政の協働フォーラム2013 
2013年2月24日、表記タイトルにて
金沢市 協働のまちづくりチャレンジ事業 成果発表会 が開催されました。
会場は、金沢学生のまち市民交流館、学生や市民グループの交流拠点として、
本当に良くできた施設です。
フォーラム風景
山野市長もいらしてますね。(↑写真の左)

この日は、市長挨拶に続き、「新しい公共とは」と、タイトルされたミニ講演会の後、
24年度のチャレンジ事業に採択された17団体が、3つの分科会に分かれて成果発表を行いました。
「湯涌・ゆず街道 かかしファンクラブ」は、
「ヤマト運輸(株)クロネコほっとステーョン」、
「石川高専建築学科 道地慶子研究室+DKG48 March隊、まちづくり研究会、せせらぎ通り商店街振興会」
「材木公民館」
「魅力発見!ご近所コラボプロジェクト」
「鈴見台5丁目町会」の各団体とともに、
《分科会C 》として、緑の壁が印象的な交流ホールにて発表しました。

↓ファンクラブの発表の様子です。
ギター
2番手で登場したかかしファンクラブですが、
なんと、活動内容を

歌って報告しちゃうという暴挙にでました!(笑)。

歌うはわがファンクラブきってのシンガーソングライター:
湯涌温泉街、板坂理容・美容室の板坂泰定。
歌はもちろん、あの「かかしSong」です。
歌っている
演奏中、バックに活動の様子をスライド上映。

ファンクラブの事務局2名が解説と上映をサポート。
発表者席
(この解説方法、始まる直前に決定したので実は緊張してました・・・笑)

32秒の間奏の間にぴったり終わらせるタイミングのあった解説に感心!
する 本フォーラムコーディネーターの青海康男さん(NPO法人i-ねっと事務局長)
見ている
(実は、唖然としてた・・・?)

同じ会場の発表団体の皆さん
オーディエンス
固唾を飲んで見守る湯涌温泉街「茶房 しばらく」のマスター川本浩之(写真左)と、
その写真を撮影する湯涌夢二館スタッフの横西舞(写真手前:撮影者なので写っていません)
(以上、ファンクラブからは5名で参加しました。)

歌の時間が長い(10分強)ので、発表時間は残りわずか(5分弱)。
大急ぎでまとめに入ります。
かいつまんで内容報告しますと・・・
記事数画面
メディアの反応などとても良く、丁寧に取材・報道していただき
そうした中で評価や認知度も上がるなどの成果があった。
        ↓
設置目的解説画面
しかしファンクラブ本来の設置目的を振り返れば
未到達なことも多く、まだまだこれからだ。
        ↓
会員数画面
そのような目標達成度、は、現会員数にも現れている。
        ↓
25年度テーマ画面
従って、地域への活動の定着のため、
今後皆が当事者になってゆけるような、より身近な活動を検討中。

と、だいたいそのような発表内容でした。
この段階ですでに持ち時間はオーバー(汗)してしまい、
およそ 質疑の時間など残っていなかった のですが、

その無い時間を割いて・・・
コーディネーターの青海さんから



チョ〜《鋭いツッコミ》が!





・・・(゚_゚i)タラー・・・

↓↓↓続きはクリックで


さて、コーディネーター:青海さんからのコメントです。

青海:(発表の)プレゼンとか、活動の分析などはとても良いのだけれど・・・

 ・・・

青海:今日、この場で会員になりたい、って人のために・・・


 Σ(・口・)


青海:何か資料とか持って来てるんですか?








ガ━━(゚Д゚;)━━ン!




・・・
パンフレット
(↑頭をよぎるパンフレットのイメージ・・・)



忘った・・・


冬眠ボケというかなんというか・・・
青海さんには、言ってるコトとやってるコトが合ってない、
行動力がまだまだ!ってことで締められちゃいました。
( ̄Д ̄;;


当日お越しいただきました皆様、
あらためまして、パンフレットはコチラででございます m(_ _)m
http://www.yy-kakashi.org/img/panfu1.pdf
http://www.yy-kakashi.org/img/panfu2.pdf


さて、以上、報告でしたが、
翌日の新聞にも記事が出ていましたね。

2013年2月25日 北国新聞
H250225北國新聞

2013年2月25日 北陸中日新聞
H250225北陸中日新聞
(↑クリックでちょっと大きくなります)


スポンサーサイト
未分類 | 19:09:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。